プエラリア

プエラリア

豊胸、バストアップに効果があると言われている、プエラリアについてチェックしてみました。

プエラリア ミリフィカ

あなたは、プエラリアというのを知っているでしょうか
結構、注目されてきたので知っている人も多いかもしれません
プエラリアは、豊胸、バストアップに効果があるということで、
サプリメントとしてたくさん販売されています。


プエラリアは、学名をプエラリア・ミリフィカ(Pueraria mirifica)といいます。
マメ科の植物で、タイ北部やミャンマーの落葉樹林などの亜熱帯地域の植物です。

このプエラリアの根に植物性エストロゲン・イソフラボンが大豆の40倍も含まれているのです。
このイソフラボンというのは、女性ホルモンに似た働きをします。
ですから、これを摂ると「胸が大きくなる」「胸にハリが出る」ということで評判になっています。


プエラリア・ミリフィカが知られたきっかけは、ミャンマーで発見された古文書に、高齢の女性がプエラリア・ミリフィカで、美と健康を保っていたと記されていたことによります。


プエラリアには若返りや強壮薬としての効用もあると伝えられています
そして、茎は衣服や生活雑貨に使われてもいました。



プエラリア・ミリフィカの本種はガウクルアと呼ばれています
でも希少植物なので、乱獲防止のためタイ政府は輸出を禁止しています。

プエラリアの効果


ドレスオブプエラリア/輝くボリュームアップ 生エキス!ドレス オブ プエラリア【CC】


バストを大きく豊かにするのは、女性ホルモンの働きです。
注目のサプリメント"プエラリア・ミリフィカ"には、
女性ホルモンに似た働きをする成分が多く含まれています。




・豊胸効果のあるイソフラボン
・美乳効果のあるプエラリン
・女性ホルモンを活性化させるミロエステロールなどです


特にイソフラボンは、人間の女性ホルモンであるエストロゲンに酷似した分子構造を持っています
ですから、植物の女性ホルモンと言われているくらいです。
女性ホルモンの分泌が促されると、身体が女性らしくなろうということで、胸が大きくなったり、ハリが出てきたりします。


理想のバストを手に入れるには、女性ホルモンを刺激する食べ物を摂取し、適度なトレーニングが良いと言われています。
プエラリア・ミリフィカには、このイソフラボンが大豆の40倍も含まれています
プエラリアを摂取した多くの女性が豊胸やバストアップの効果を実感しています。


このペラリアは、錠剤やカプセルのほかに、ココアに混ぜて飲む粉末タイプや、胸に直接塗布するゼリータイプなどがあります
ですから自分に合ったものが使用できます。


【ただし注意をしてほしいことがあります】
取し過ぎると副作用で身体に悪影響を及ぼすことがあります
商品に記載されている摂取量は必ず守るようにしましょう。
何でもそうですけど、やり過ぎは禁物ですね

プエラリア 飲み方

プエラリアの効果的な飲み方です
商品には「1日1~2粒」など決められた使用量が記載されていますけど、実はプラス効果的な飲み方があります。


【ポイント1.飲む時間】
日中の空腹時は消化吸収が良いです
食事と食事の間の10時や15時に服用すると効果的のようです
ただし、空腹時の服用は刺激が強いので、胃腸の弱い人は食後に服用するのが無難です。


【ポイント2.飲む時期】
女性の身体は生理周期によってホルモンバランスが違います。
生理後から排卵までの卵胞期には、エストロゲンが増加し、プロゲステロンは減少します。
排卵から生理までの黄体期には、逆にプロゲステロンが増加してエストロゲンが減少するのです。


プエラリアは、エストロゲンを活性化させることで効果を発揮しますので、エストロゲンの分泌が多くなる卵胞期に摂取することで、より強い効果を期待できます。
具体的には、生理が終わる頃から排卵日の2日後までが良いでしょう。


女性ホルモンは、過剰に摂取すると身体に悪影響があるかも知れません。
商品に記載されている使用量は必ず守ることは大切です。
女性ホルモンの分泌が多い10代から20代の女性は、念のため規定の使用量よりも少なめに摂取しましょう。


それから、女性ホルモンを活性化させる食品やサプリメントと一緒に使用しないように、成分表示を確かめるようにしましょうね。

 

プエラリア 生理

プエラリアで生理不順を改善です。
女性の生理周期には、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの関わりが大きいです。


エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、生理後から排卵期にかけて分泌が増えていき、生理前になると徐々に分泌が低下していきます。

生理前に身体的・精神的なトラブルが多くなるのは、エストロゲンの分泌が減少するからだと言われています。


病気やストレスなどで卵巣の働きに問題があると、エストロゲンなど女性ホルモンの分泌にも影響し、生理不順を引き起こしてしまいます。
生理周期が短すぎる頻発月経、生理が年9回以下しかない稀発月経、まったく生理が来ない無月経など、生理不順の症状はさまざまです。
そこで、サプリメントとして、プエラリア・ミリフィカが人気があります
プエラリアには、植物性エストロゲン"ミロエステロール"が含まれていて、エストロゲンに似た働きをします。


このため女性ホルモンの減少が原因の生理不順に効果が期待できます。
ただし、ミロエステロールは強力な成分なので、本来は医師などの指示で服用するものですから、副作用には注意が必要です。


プエラリアを過剰に摂取したことが原因で、逆に生理不順を引き起こしてしまった例もあります。


サプリメントのプエラリアは成分が濃縮されているので、使用量は厳守です。
初めは、規定の使用量よりも少ない量で様子をみて見ましょう。

    

プエラリア 副作用

プエラリア 副作用 生殖



プエラリアの摂り過ぎが不妊症を招くということがあるようです。
強力な効果があるだけに、その副作用も注意が必要です。
そのひとつが「不妊症」があります。


プエラリアには、植物性エストロゲンであるイソフラボンやミロエステロールが含まれています。
これらは女性ホルモンに似た働きをする成分ですが、必要以上に摂取してしまうと、女性ホルモンの分泌機能が低下し、体内で分泌していたエストロゲンなどの女性ホルモンを、自力で分泌できなくなってしまうのです。


エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、妊娠・出産に関係する重要な女性ホルモンです。
エストロゲンの分泌が減少すると、ホルモンバランスが崩れて不妊症を引き起こします。
プエラリアを過剰に継続的に使用すると、妊娠できない身体になってしまう危険性があるといわれています。


プエラリアを初めて摂取するときは、少量から飲み始めるようにして、自分の身体にとっての適量を探るようにしましょうね。

成分を濃縮したサプリメントもありますので、
【商品に記載された使用量を守るようにし、過剰摂取しないよう十分に気をつけましょう】
そして、体調不良を感じたら、すぐに医師を受診するようにしましょう。


不妊症の治療は難しく、一度妊娠しにくい体になってしまうと取り返しがつかないこともあります




プエラリア 乳がん



プエラリアの摂り過ぎで乳がんは発症するかということですけど、
プエラリア・ミリフィカは、女性ホルモンの不足が原因で起こるさまざまなトラブルを軽減するサプリメントです。
しかし、プエラリアの摂取が乳がんを発症するリスクが高まるとも言われています。


エストロゲンは乳房の細胞分裂を促す作用もあって、乳房にがんができると、がん細胞までも分裂増殖を促してしまいます。
エストロゲンによってがん細胞が発達したものは、エストロゲン性乳がんと呼ばれています
経口避妊薬やホルモン補充療法が一般的になって、女性がエストロゲンを体内に取り込む機会が増えたのも一因とも言われています。


プエラリアには、植物性エストロゲンと呼ばれるイソフラボンやミロエステロールが含まれているので、エストロゲン性乳がんの原因になるのではないかと疑われても不思議はないでしょう。
しかし、プエラリアの成分はあくまでエストロゲンに類似した働きをするものです。
よって、プエラリアの摂取と乳がんの発症との間に直接的な因果関係は認められないということのようです。


ただし、プエラリアを過剰に継続的に摂取すれば体内のエストロゲンが刺激され、結果的にエストロゲン性乳がんを引き起こす可能性がないとは言い切れないでしょう。

【大切なのは、初めて飲むときには少なめにすることと、規定の使用量を必ず守ることです】
何事もやり過ぎはダメだということです。





プエラリア アレルギー



プエラリアの商品には、必ずアレルギーに関する注意書きが入っています。
プエラリアはタイやミャンマーに自生する植物で、芋の部分に豊胸や美肌に効果のある植物性エストロゲンが含まれています。


よって、芋類にアレルギーのある人は、プエラリアのサプリメントなどを摂取することはダメです。
また、プエラリアにはイソフラボンが大量に含まれていますから、イソフラボンアレルギーの人は、プエラリアの摂取はダメです。
イソフラボンは大豆にも含まれているので、大豆アレルギーの人もプエラリアはやめておいた方がいいでしょう。


アレルギーを引き起こすアレルゲンは無数に存在していて、ひとつのアレルゲンに対してアレルギーを持つ人は、他のアレルゲンに対してもアレルギーを発症する可能性があります。
芋類、イソフラボン、大豆のアレルギーがなくても、花粉やハウスダストにアレルギーのある人は、プエラリアを摂取する前に、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。


何のアレルギーを持っているかは、アレルギー専門医や皮膚科医で検査をすれば分かりますよ。

それから注意してほしいことは、プエラリア商品の中には別の食品を混ぜているものもあります
商品に記載されている全成分表示を必ず確認し、該当する食品アレルギーがないかどうかを確かめましょう。





プエラリアとピルを併用する危険性



豊胸や美肌に効果があると言われるプエラリア・ミリフィカですけど、ピルとの飲み合わせが問題になっていることを知っているでしょうか?

プエラリアには、エストロゲンに似た物質が含まれるので、ピルと併用すると女性ホルモンを過剰摂取することになってしまいます。

女性ホルモンの分泌が多すぎると、体内のホルモンバランスが崩れ、さまざまな身体的トラブルに陥る危険性があります。

プエラリアとピルは、似たような成分で似たような効果があることを知っていれば、双方を服用することの危うさが分かるでしょう。

低用量ピルならば大丈夫なのではないかということもありますけど、中用量ピルよりも副作用が軽いというだけで成分も効果も変わりはないので、やはりプエラリアとの併用は避けるべきでしょう。




プエラリアと大豆イソフラボンの併用



プエラリアには大豆の数十倍ものイソフラボンが含まれています。
豊胸・美肌、更年期障害や骨粗鬆症の改善などに、大きな効果が期待できます。
ただ、サプリメントについては、安全な摂取量が定められてはいないです。


女性ホルモンは体内で分泌されるものであり、サプリメントはその不足を補うものです
女性ホルモンの分泌量は、個人により、また生理周期により大きく変化しますので、どの程度摂取してもよいかを決めるのが難しいです。


ですから

【商品に定められた使用量を守って、過剰に摂取しないようにすることです】

プエラリアと大豆イソフラボンには、どちらもイソフラボン類の成分が含まれています。
これを知らずに二つのサプリメントを併用すると過剰摂取になってしまう危険性があります。
イソフラボンを摂り過ぎると、体内のホルモンバランスが崩れ、生理周期が乱れたり、生理痛がひどくなったりと、健康に影響を与える危険性があります。


日本では大豆製品を多く食べる傾向があるので、イソフラボンの過剰摂取には要注意です。

【プエラリアと大豆イソフラボンを併用は止めましょう】

プエラリア トップへ戻る