浴衣

浴衣

浴衣の着方や髪型についてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

浴衣

浴衣について



夏になるとお祭りがたくさんです。
そんなイベントに、浴衣を着た人をたくさん目にしますよね。
髪型もアップにして浴衣を着ている姿は情緒がある風景でステキですよね


髪型も少し崩した感じも可愛いし、魅力的に思います。
そんな浴衣ですけど。。。
元々は外に着て歩く様な着物ではなくて、お風呂上がりに着る麻や木綿で作られた着物の事でした。
「ゆかたびら」を略して呼ばれた言葉だということです。
それが、着心地がいいのとデザインも豊かになって夏の着物の定番的な存在となっていきました。
今では夏の外出着として帯や小物や髪型や下駄で楽しんでいる人も多いでしょう
今の浴衣はとてもオシャレです
柄も素材も色も様々で、ユニクロやしまむらなどでも安く購入できます。


手軽に浴衣を楽しめるようになりました。
着るだけで、いつもとは違う特別感がいいですよね
あなたも夏に浴衣を着て風物詩を楽しんでみましょうね。


  

浴衣 種類



浴衣にはいくつか種類があります

【伝統的な浴衣】
シンプルな白地や藍地で作られている、まさしく伝統的です
浴衣と言ったらこれというイメージですね
木綿生地を使用して藍染めをしている様な感じのタイプです


【モダンな浴衣】
夏祭り等で良く見掛ける様な色柄が豊富で鮮やかな浴衣
デザインや色柄が豊富で選ぶのも楽しくなりそうな感じです
生地も色々あって、各ファッションブランドからもたくさんのでています。
若い世代の人がよく好んで着ていますよね
買いやすい価格なので、流行に合わせて買い換える人も多いでしょう


【絞りの浴衣】
地厚で丈夫で透けにくい浴衣です
少々お値段が高いです
でも生地も作り方もとてもしっかりとしていますから長く飽きずに着られます。
着こなせる様になったら1枚は欲しいところでしょう


どれを着るかは雰囲気に合わせてみることです
同じ浴衣を着ていても合わせる帯や髪型を変えるだけでもだいぶ印象が違ってきます。
色々試してみるのも良いでしょうね。


   

浴衣 帯



浴衣とセットになっているのが「帯」
浴衣に、髪型迷いますけれど、帯も悩みますよね
浴衣、髪型、帯、下駄、小物等のバランスで浴衣姿が決まってくるでしょう


帯もいろいろと便利な物がたくさんあります
一般的には、半幅帯と呼ばれる帯を使って締めます。
リバーシブルだったり、カラーバリエーションがとても豊富です。
帯が自分では巻けないという場合には結び帯と言う便利な帯が有りますよ。


帯の要である結びの部分だけが作られている物で、お腹の部分に単に巻いた帯に差し込むだけで出来上がるという、とっても便利帯なのです。
形の帯は好みで選んでも良いと思います。


自分と浴衣の雰囲気に合った帯を選ぶとステキです。
洋服のバランスと浴衣のバランスはちょっと違うかな。
選ぶのが難しいと思う事もあるでようけど、帯は結構派手なようでも、意外と巻いてみると馴染むものです


結び方一つで可愛くもなるし、大人っぽくもなりますよ。

基本的には浴衣と帯だけですけど、タイプや色によっては大分イメージが変わってきますよね
とにかく一番は自分が好きな帯を選ぶ事ですね


   

浴衣 髪型

浴衣の際の髪型



夏祭りなどで、浴衣も準備OKになれば、次は髪型でしょう。
美容院でヘアアレンジしてもらうこともいいでしょうけど、自分で簡単に出来きないかと思いますよね


基本的には、湯上がりに着ていた着物ですから、それに見合うイメージでいいでしょう。
ちょっとルーズながらも首筋を見せる様にアップにして
お風呂上がりの濡れている髪をちょっとまとめましたという感じの髪型がステキです。


気合いを入れすぎない髪型が似合いますよ
また浴衣に合わせて髪型を変えてみるのもいいですね
柄や色が可愛い感じの場合は、ちょっと崩したラフっぽい、毛先を遊ばせた感じの髪型が合うでしょう
シックでシンプルな浴衣の場合は、すっきりまとめた様な髪型がステキです


寂しいなと思ったら、コームやかんざし等のヘアアクセサリーをプラスなんていうのもいいでしょう
髪型には特に決まった形はないです
浴衣のイメージに合わせた髪型にしてみると、ステキにまとまってくるでしょう。


   

浴衣の髪型 アップ



基本的な髪型はアップスタイルです
でもここでやりがちなのが、一人で髪型を作っている際に簡単にひっつめ状態にアップにしてしまう髪型です。
こうしてしまうと、スッキリし過ぎてして、何となく地味で老けた印象になってしまいます。


少し華やかに可愛らしくするには、
頭頂部を少し盛り上げてみたり、毛先を巻いてルーズ感を出してみたりしてみるといいでしょう。
ベースとなるアップスタイルにはポニーテールやお団子が良いでしょう。


くるっとまとめて顔周りを少し巻いてみるだけでも
可愛らしい浴衣に似合うアップスタイルの髪型になると思いますよ。
その他にもただアップにするだけでなく、ヘアアクセサリーを使うといいでしょう


くるっと巻いた部分にはかんざし挿してみるとかです
いろいろなヘアアクセサリーが出ていますとね。
浴衣は首筋が見えている様な髪型の方が似合います。
自分で出来ない場合には美容院もいいですけど、友達同士でやりあうのもいいですね


浴衣はアップスタイルの髪型とイメージがありますから、アップに出来る長さの方は是非やってみましょう。

  

浴衣の髪型 ショート



ショートヘアならではの雰囲気でスッキリと見せる事が出来ますよ。
毛先をくるっと巻いて遊ばせてみたり、
毛束感を出して色んな方向に流してみたりといった、髪型にしてみると良い感じになるでしょう


毛束感を出す際にはワックスを使ってみると良いでしょう。
揉み込んでみると自然な感じで毛束感を作る事が出来ますよ。
軽い感じに仕上げた方が良いで、耳も出した方が似合うでしょう
前髪は下ろしても上げてもどちらでも良いです。
上げるとスッキリとした印象になります


下ろす場合は、フワッと軽い感じにすれば優しい雰囲気に仕上がるでしょう
シンプルな浴衣には髪型もシンプル
モダンなタイプの浴衣ならフワッとした印象の髪型
こんなふうにすれば髪型がマッチしてステキでしょう。
ショートヘアでも浴衣に合う髪型はできますよ。


   

浴衣の際の髪型 男性



男が浴衣を着る時の髪型の理想はサッパリとした短髪が似合います

短めの髪でワックスを使ってちょっと毛先を遊ばせてみると若々しい感じに
オールバックは大人っぽく知的な感じになります。


ロングヘアーの人は下ろしてしまうと合わない感じがします
後ろで髪を束ねてオールバック風にスッキリとまとめれば、カッコ良く着れるでしょう。


男性の物はグレーや紺のシンプルな物が多いです
モダンな感じで大人っぽい感じに仕上げるのがコツでしょう。


    

浴衣の着方

お家用の浴衣の着方



外で着て歩く浴衣と違うので、楽にくつろげるように着る事が前提です。
髪もポニーテールやお団子等、一つにただまとめているだけで充分ですよね。


ラフな感じで着る浴衣だからこそ、着方を美しくしたいということもあります。
家で着る場合、左前身ごろが上になる様に着ます。
帯も簡単に結ぶだけで大丈夫です。
お家用の浴衣は、襟の部分に張りが無いのでビシッと着る事はできないです


ですから通常は拳1個分ほど襟と首の間を開けて着ます
ちょっと首筋が見える位にして着るとスッキリ見えますよ。
前身ごろを合わせる時は、あまり首元を開けないようにしましょう
着ている内に徐々に開いてきますけど気にしなくても大丈夫ですよ。
裾はくるぶしが見える位の長さにして帯を結ぶと、見た目もキレイです。


長い場合にはおはしょりで長さ調節をしてくるぶしの位置になるようにしましょう。
部屋にいるのですから気楽に着ればいいでしょうけど、どうせなら美しく着たいですよね。


  

旅館の浴衣の着方



温泉旅館に行くと部屋に用意されている浴衣。
湯上がりに着るのは本当に良いものです。
みんなで、同じ浴衣を着るでキレイに着てちょっと差をつけたい気分でしょう。


きれいに着るにはサイズを合わせが大事です。
女性用でも大中小と3サイズ用意されているのが普通でしょう
着てみて合わなければ変えてもらいましょう。
裾が短いままはみっともないです
そんな場合には一つ大きいサイズの浴衣にしておはしょりをしましょうね


温泉旅館の際、気になるのが下着でしょう。
湯上がりだから着けたくないわと思う人もいるでしょう
でもそのまま着けないで歩くのは何となく人の目が気になりますよね。
羽織があ場合は、それを着てもいいでしょうけど
羽織が無い時は、見えない様にキャミソール程度は着てから浴衣を着る様にするといいでしょう。
本来の機能をしているのが温泉旅館の浴衣でしょうね。


  

女性浴衣の着方

メイク



浴衣や髪型に合わせてメイクやネイルも忘れないようにしましょう。
基本的に浴衣のメイクは清潔感が有って、明るい感じに仕上げた方が似合うと思います。


ただし、明るい感じと濃くて派手な感じは違います。
浴衣に濃いメイクは、チグハグな印象になりやすいですから、止めた方がいいです。


浴衣と比較して浮いた感じにならないようにします。
アイシャドウとかも自然な感じの色合いを使って、明るめにすると若々しい印象になりますよ。


浴衣は色柄物が多いので、ネイルの色が派手だとガチャガチャして変な感じになります。
薄いピンクや透明等、控え目な色合いのネイルがおすすめです。


ペディキュアの場合は下駄を履くだけなのでちょっと濃い目の色にしても馴染むので良いと思いますよ。

  
アクセサリー



浴衣は着物の中では普段着の様な物です
ですからアクセサリーもマナー的な物は無いです
でも浴衣に大振りのネックレスや大きなピアス等は合わない感じがしますよね。


粋に浴衣を着るという人は、アクセサリーは着けない方が良いかもしれません。
身に着けても小さめのピアス、シンプルな指輪位がいいでしょう。
香水もアクセサリーの一部です。


汗と香水の香りが混ざると変な香りになってしまうこともあります。
ですからサッパリした香りか、着けないほうがいいでしょう。
アクセサリーも香水もさりげなくです。


   

浴衣でオシャレ





小物を使って浴衣姿をオシャレにするのはどうでしょうか。
浴衣に合わせて持つ小物もオシャレポイントでしょう


【バッグ】
浴衣で出掛ける時、財布やハンカチ、携帯電話などがあるのでバッグは必要でしょう
洋服用のバッグだとチグハグな感じに見えてしまいます。
本格的に和で統一するのでしたら巾着がいいですね
涼しげな感じがステキです
小さめの籠バッグも浴衣には似合います。
但し革製品やキラキラ光りすぎているバッグは浴衣とは合いませんからやめておいた方がいいでしょう


【扇子 うちわ】
これを持ち歩くのもポイントです。
帯の所に扇子を挟む事で差し色にもなります
実用的で持ち運びもスマートな小物としてオススメですよ。
うちわでもいいですけど、ちょっと邪魔になる事もあります
うちわは、背中側に射して持ち歩くとかわいいです。
このように小物で浴衣の雰囲気がグッとオシャレになってきます


   

浴衣の時の姿



ステキな浴衣でも歩く姿や座る姿が格好悪いと浴衣の魅力が半減してしまいますよ。
立ち振舞いも浴衣を着ているという事を意識しましょう。


【歩く際の姿勢】
爪先に重心を置き、歩幅も洋服の時より狭めて歩きます。
少し内股っぽく歩く様な感じになり、裾が開かずに浴衣も乱れずに歩く事が出来ます。


【椅子等に腰掛ける時】
浴衣の裾が床や地面に付かない様にする事です。
帯が崩れないように、猫背にならないようにして、椅子には浅く座ると姿勢が伸びてキレイに見えます。
浴衣の裾は少し前を持ち上げてあげるいいでしょう。
階段を上がる時も、浴衣の裾が地面に付かない様に少し裾を持ち上げてやれば、スマートに見えて浴衣姿がキレイです。


このようにちょっと気を付けるだけで、立ち振舞いが美しく見えます。
きれいに着こなすポイントは裾と袖部分、帯が崩れない様にする事です
立ち振舞いもきれいに出来るようになれば、あなたも浴衣美人ですね。


  

浴衣 トップへ戻る