抜け毛

抜け毛

気になる抜け毛についてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

抜け毛の原因

抜け毛の原因はいろいろです。

加齢による抜け毛は除いて
主に睡眠不足や食生活などの生活習慣


ストレス
過度なダイエットなどが抜け毛の原因として考えられます。


共通する事項は、正常なヘアサイクルを乱す原因となっているということです。
また、AGA(Androgenetic Alopecia)といわれる男性型脱毛症
女性特有の牽引性脱毛症(髪をアップさせるなど、長時間にわたり髪を引っ張り続けることで抜け毛が多くなる症状)
分娩後脱毛症などがあります。


そのほか、髪染めやパーマなども抜け毛の原因になることがあるようです。
このように抜け毛の原因は、人によって違い、そして複合的になっている場合もあります。


有効な抜け毛対策をとるためには
抜け毛の原因が何であるかを出来るだけ正確に把握することがとても大切です。


たとえば
仕事で疲れていると感じるようならストレス解消をやってみたり
食生活に乱れがある思うなら意識的に健康志向の食事をする
こんな感じで、まずは身近なところから抜け毛対策をはじめてみましょう。
初期の段階なら、ちょっと生活習慣を改善をすることで、抜け毛の症状が改善されたということは少なくないのです。


しばらくやってみても抜け毛が改善する兆しがないようでしたら
原因が複合的になっているか、別の病気が隠れているということもあります。
改善されないようなら、医師(皮膚科または頭髪専門医)の診察を受けてみることをオススメします。


   

抜け毛 原因 食事



抜け毛や薄毛の原因として、食生活の偏りは特に問題です。
髪に必要な栄養素となる血液の状態も、食生活によって左右されます


やはりバランスのよい食事で体調を整えることが、大切なことになっています。
食事の欧米化とともに肉類の食べ物が多くなったり、ファーストフードの利用が多かったりで
野菜不足になりがちとなっているでしょう。
偏った食事で、カロリー過多になっていたり
動物性脂肪の過剰摂取ということで、血流の停滞(ドロドロ血)の傾向です。
血流の悪化は毛根へ栄養が行き渡らなくなって、抜け毛を増大させることに繋がります


抜け毛対策には具体的に食生活をどのようにすればよいか?
はっきり言ってしまえば、ズバリ「バランスのよい食事」を心がけることです。
とても当たり前的なことです。


毛髪に不可欠な栄養素は、主にタンパク質、ミネラル、ビタミンなどです
でもこれを食べておけば大丈夫というものではないのです。
健康にしているためには、栄養バランスがきちんとしていることが必要ということです。


ただ、バランスのとれた食事するいっても
何をどれだけ食べれば、バランスがとれるのかと思ってしまう人も多いでしょう。
そんな時に参考にオススメなのは、農林水産省と厚生労働省が決定した「食事バランスガイド」です。


理想的な食事のとり方や、どの食品をどれだけ摂取するかの目安が示されています。
簡単に食事の基本を知ることができますよ。


食べる組み合わせとか自分の適量をチェックするために、この「食事バランスガイド」を有利用してみては、いい方法ですよ。

   


タバコ 抜け毛


抜け毛を防止には、血流を悪くするような生活習慣のままではだめです
そのなかでもタバコによる影響は大きいです


タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があります
その作用で頭皮の毛細血管の血流も悪くなるのです。


血管が収縮すれば、血行が悪くなって血流が減少しますよね。
その結果、毛細胞に必要な栄養分が供給されにくくなるのです。
それが続いていけば、毛根からは細くて弱々しい毛髪しか生えてこなくなります。
そして、生えてもすぐに抜け落ち、抜け毛が多くなるという悪循環になります。


それから、喫煙で体内のビタミンCが大量に消費されることも抜け毛の原因のひとつといわれます。

美容・健康のために不可欠とされるビタミンCは体内に蓄えておける量がおよそ1500mgとされていますが、タバコ1本吸うごとに体内のビタミンCは約25mgも消費されてしまうのです。

ビタミンCはコラーゲンを生成するのに欠かせない成分です。
だからビタミンCが不足すると、頭皮が固くなります。
頭皮が固くなれば、血行が悪くなるということはわかるでしょう
結果として、毛根の働きが鈍くなり、抜けやすい髪しか生えてこなくなてしまうのです


 

抜け毛 毛根

抜け毛には正常なヘアサイクルにともなう自然脱毛と、
ヘアサイクルの狂いやその他の原因で抜け毛が生じる異常脱毛があります。
これの見分け方です


【抜け毛の毛根をチェックする方法】

目安として手軽で、それなりに信用性の高い抜け毛チェック方法です。
自然な抜け毛と異常な抜け毛では、毛根の状態が異なっています。
異常な抜け毛の毛根の種類をまとめてみました。


▼毛根の膨らみが足りない
 毛根の中心に位置する毛乳頭の栄養不足。毛乳頭は毛髪形成を担う部分で
 栄養が行き渡らないと異常脱毛になります


▼白い付着物がある
 頭皮から過剰分泌された皮脂の塊の可能性があります。


▼毛根の下にしっぽのようなものがある
 ホルモンバランスの崩れや栄養不足、血行不良などが原因


▼毛根部が見当たらない
 毛根より少し上で切れている状態です。円形脱毛症やびまん性脱毛症に多いです。


▼毛根が先細りしている
 円形脱毛症などに多く見られる毛根


これらは目安ですけど、異常脱毛のサインをキャッチすることはできます。
抜け毛を見つけたらぜひチェックしてみてくださいね。


?  

薄毛 女性

薄毛・抜け毛の悩みは女性も増加傾向にあります。

統計によれば、女性の約10人にひとりは抜け毛、薄毛に悩んでいるということです。
ということは、600万人くらいの女性になんらかの髪のトラブルがあるということですよね
そして悩みを抱えているのは20~30代の若い女性が一番多いということです。


実際に聞いた話では、毛髪専門クリニックの抜け毛の患者は、若い女性が半数以上を占めていということです。
女性の社会進出の増加で、ストレスも男性なみに抱えることが多くなったというのも原因の一つでしょう。


その他にも、過度なダイエットによるホルモンバランスの乱れといったことも影響してるようです。

男性の抜け毛、薄毛は、生え際か頭頂部のいずれかから進行します
それに対して、女性は全体的に間引かれるように抜け毛で薄くなるような進行のしかたが多いようです。
このようなことを「びまん性脱毛症」と言います
抜け毛がまちまちなので、男性の薄毛と比べてみつけにくいのが特徴です。


・髪の毛のボリュームがなんとなく減った気がする
・分け目が広がった気がする


こんな風に感じた時は、すでに抜け毛の症状が進行している可能性がありますから注意しましょう。

できるだけ抜け毛は頭髪専門病院で検査をしてもらいましょうね。

そのほか女性特有の抜け毛、薄毛として
髪をアップにするために長時間毛髪が引っ張られた結果、生え際が薄くなる「牽引性脱毛症」
出産後にエストロゲンなどの女性ホルモン分泌バランスが崩れが影響しておこる「分娩後脱毛症」
などがあります。


   

抜け毛 シャンプー

シャンプーの種類はバラエティーで、髪の艶出し効果があるもの、髪のダメージケアを目的としたものなどとにかく種類がたくさんです。

【抜け毛予防の基本は、毎日の洗髪で頭皮と毛髪を清潔に保つこと】

シャンプーをうまく使って抜け毛予防といきたいところです
でも実は市販のシャンプーの多くは頭皮への刺激が強いのです。
炎症を起こしている頭皮に使用すると、頭皮の状態を悪化させる恐れがあることもあるので注意です。


たとえば、頭部を守る役割の皮脂成分が、強力な洗浄力のシャンプーで洗い流されてしまうということがあります、
その結果、失われた皮脂を取り戻すために皮脂の過剰分泌が起こります。


そうなると、余剰分が毛穴などに詰まって炎症を引き起こすこともあるのです。
ですから、抜け毛を気にしている人には、抜け毛予防用のシャンプーを使用するのがいいでしょう。


洗浄力と泡立ちのよさの「普通の」シャンプーは毛髪そのものに重点を置いています

それに対して、抜け毛用育毛シャンプーは頭皮に重点があります。
そのため、抜け毛用の育毛シャンプーには、頭皮に刺激を与える成分は入ってません。


抜け毛用の育毛シャンプーは、毛穴の汚れを除去しながらも、一方で過剰な洗浄や刺激を与えないような作りになっているのです。

   

円形脱毛症

円形脱毛症とは、抜け毛によって10円玉大の禿頭部分ができる症状です。


俗に言う、「10円ハゲ」ですね。
円形脱毛症で最も多いのは「単発型円形脱毛症」です。
年齢性別に関係なく抜け毛が発症、でも約60%程度の人は自然治癒します。



円形脱毛症の原因には諸説あります
そのなかで、外部からの侵入物を攻撃する免疫機能が異常をきたして、
毛根……を異物(円形脱毛症の原因となっている場合)とみなして攻撃してしまうために抜け毛が起こる説が有力のようです。
ほとんどは気づかぬうちに進行します。


そして、ある日突然10円ハゲを発見するケースが一番多いようです
でも、半数以上の人は自然に治癒するようです。
ただ、進行するれば、だんだんと抜け毛が多くなってサイズが拡大していきます。


やがては禿げ上がった部分がつながってしまうケースもあります。
もし頭部に10円ハゲを発見したら、すぐに対策をしたほうがいいでしょう。



対策は「病院に行きましょう」ということです
ほとんどの円形脱毛症の治療は、皮膚科や頭髪専門病院で行うことができます。
薬を使った治療のほかに、脱毛部分にドライアイスを当てて軽度のやけどを起こし、自己免疫機能の攻撃を毛根からそらせるという治療方法もあります。


どの治療法が効果的かは、各症例によってちがいます。
ですがいずれも高い効果があがっています
ですから円形脱毛症になったとしても早期に治療を受ければさほどの心配はないようです。

   

抜け毛 トップへ戻る