出産祝い

出産祝い

出産の祝い、内祝いの贈り方などについてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

出産祝い 時期

出産祝いを贈るタイミングについて

友人が妊娠、おめでとう~
そのあとに思うのは、「出産祝いどうしようかな」ということではないでしょうか。


出産祝いですけど
妊娠中に会った時とか、産休前とかいった話を聞きくときもあります。


本当のところ、出産祝いを贈るタイミングはいつがいいのでしょう?
やはり、出産祝いは、無事に出産し母子ともに健康という知らせをうけてからにしましょう。


出産祝いを病院に送るとか、持っていくのは荷物にもなってしまいます。
出来る限り避けるようにしましょう。
出産祝いは、無事に健康に退院したとの知らせを受けて、一か月以内に送るのがよいと思います。


親しい間柄の場合で、産後に落ち着いたら遊びに来て、とわれている場合には、
赤ちゃんの顔を見に、自宅の方に出産祝いをもって訪問するということでも良いでしょう。
現在は、出産時の事故や死亡例はもの凄く減ってはきています。
日本では、新生児は1000人に5人、産婦さんは10万人に5人くらいが命を落としています。


出産祝いが、悲しい思い出の物になってしまっては大変です。
妊婦さんは、出産という命がけの大仕事にとてもナーバスなっていることもあります。
言い方を変えれば、人間だって、動物だって、出産前後はとても気が立っているものです。


妊婦さんが穏やかな気持ちで居られるためにも
赤ちゃんの誕生をいっしょに心待ちにして、出産祝いは出産後にしましょう。


   

出産祝い ママ

◆出産後のママにこそ、出産祝い(ごほうび)でしょう。

妊娠中のころは、周囲で体調を気遣ってくれたり、お腹をだんなさんが撫でてくれたりとかで
注目してもらえる存在でした。
ところが、出産したらその日から一変です
注目の的はもちろん赤ちゃんだけになってしまうかも。
おなかで大切に育てて、がんばって産んだあとは、見向きされなくなってしまいます。


ちょっぴり寂しい産後のママ。
産院に見舞いに来ても、親戚一同は赤ちゃんフィーバーでしょう。
ママになりたての私は、すこしさみしかったような気も。。。
ママには、今までのがんばりをママのための出産祝いでねぎらってあげましょう。
そして、これから始まる長い育児へのモチベーションをアップしてもらわないといけないですよね
そういうことで、友人の出産祝いの時は、ママをねぎらうものをプレゼントしています。

どんなプレゼントがいかですけど、
例えば、出産祝いの予算があるのでしたら、Panasonicスチームフットスパ(2.5万円前後)がおすすめなのです。


産後のママって最低1ヵ月間は湯船につかっての入浴が禁止なのですよ
知ってましたか?




冬場に出産の場合は、体は冷えてしまいますよね
そして、毎日3キロ以上の赤ちゃんを抱っこして
体はすっかり固くなってしいます。
これは、ちょっと「足湯」のイメージとは違います。
お湯ではなくて、スチームの力で温めます。
ですから、100mlという少くないお水だけで大丈夫です。
これならリビングでも、授乳しながらでも使うことができますよね。


その他にも、高級なパックとかマスクはどうでしょうか。
自分の時間がすくなくなってしまったママも、顔に貼りながら赤ちゃんの世話ができますよね。


オーガニックのものや無添加のものなど、体にやさしいものを出産祝いとしてプレゼントしましょう。

こういうのは、友達ならではの出産祝いではないでしょうか




◆授乳中のママへ食べ物を出産祝いとして贈りたい時は

出産と同時に、休む間もなく始まるのは授乳です。
母乳の場合はママの体調管理がとっても大切です。
母乳は白い血液と呼ばれ、ママの食生活がとても影響します。
ですから、カフェインはほとんどのママが避けます。
とても気を配っている場合は、油や砂糖、塩分、乳製品にも出産祝いは気配りましょう。


授乳中のママには、実は高カロリーなものはNGです。
母乳の質を低下させてしまい、
そして、ひどい時には母乳を詰まって、乳腺炎になることさえあります。


高熱が出る場合もあって、とってもおそろしい病気です。
案外知られていないのが生クリームのケーキ。
これは授乳中には大敵なのです。
その他にも避けた方がいい食品は餅、カレー、梨、生卵など。。。たくさんです。


選ぶのは、結構難しくって何を出産祝いに差し上げたらいいのか、わからなくなってしまいますよね。
ということで、授乳中のママが出産祝いでもらってうれしいものをピックアップしてみました


・ルイボスティー(ノンカフェイン)
・ハーブティー(ミントティーは母乳を減らしてしまうのでダメ)
・簡単に食べられるフルーツ(いちご、ぶどう、みかん)
・ドライフルーツ
・すぐに食べられる体に良いレトルトスープ
・おいしいふりかけ、お茶漬け
・餅ではなく、上新粉を使った団子


出産祝いは、洋菓子より和菓子、味が強くないもの、ということになります。

   

出産祝い 二人目

第二子の誕生の出産祝いならばこれでしょう!

出産祝いは、第一子?、それとも二人目ですか?
もしも二人目なら、一通りのものは持っているでしょう
まして、同じ性別ならばもっと悩んでしまいますよね。
そこで二人目の出産祝いに喜ばれそうなものをピックアップしてみました。


●現金、図書カード、おもちゃのギフト券
まずはズバリですけど、出産祝いとして喜ばれそして一番助かるでしょう。


●お姉ちゃん、お兄ちゃんになった記念的なもの
二人目の誕生で、ママが気がかりなのが上の子の機嫌です。
一気に赤ちゃんが中心になって、何かと面白くない上の子に、
おもちゃやとかお洋服、絵本、お絵かきグッズなどをプレゼントしてあげるのです。
絵本は、すぐにぼろになってしまうので、かぶってもOKです。
おもちゃは、対象年齢には気をつけましょう。
赤ちゃんが飲みこんでしまっては大変ですから、小さなパーツがあるものはやめておきましょう。
出産祝いには、上の子のお外遊びおもちゃなんかもいいですね。


●家族写真のギフト券
家族が増えたお祝いに、写真館のギフト券を出産祝いのプレゼントするというのもいいですね
インターネット検索すれば、オリジナルのギフト券を用意している写真館が見つかりますよ。


●写真アルバム
第一子にはしっかりアルバムがあるけど、
第二子は、すっかり写真が減ってしまうとよく聞かれます。
ここはあえて立派な装丁のアルバムをどーんと贈って、アルバムづくりを促しましょう。
家族写真を飾れる複数のフレームがついた写真たても、なかなかいいですよ。



出産祝い 金額 相場

出産祝いの相場ですけど、現金でもギフトの場合でも同じで、
付き合いの程度により5000円~1万円くらいでしょう。
あまり出産祝いが高額だと相手に負担を感じさせてしまうかもしれませんし、
あまり低額だと出産祝いも相手に対し失礼になってしまします。
ポイントは、“お付き合いの程度”ということになります。


一般的と思われる金額の相場です、出産祝いを贈る人の年齢は20代~30代
(あくまでも参考ということです)
・兄弟 姉妹に贈る・・・1万円程度
・親戚に贈る・・・・・・5000円程度
・友人に贈る・・・・・・5000円程度
・同僚に贈る・・・・・・3000円~5000円程度
同僚に贈る場合は、親しい人や部下で現金の場合は5000円とするケースが多いようです。


◎出産祝いのマナー

現金を包む場合、気をつけなければいけないことです。
・必ず新札にすること。
・「4」や「9」のつく金額は避けましょう。
・祝儀袋は、紅白の長結びの水引、または、熨斗紙がおすすめ。
 (何回あってもいいとされる出産祝いは、結婚祝いとは違います)
・表書きには、「御出産御祝」、「御安産御祝」が一般的です。
・出産祝いを贈る時期は、無事に生まれたと報告を受けてからにしましょう。
 (出産は命に関わることです。万が一を考え。ママが落ち着いた頃にしましょう)


   

出産祝いお返し

内祝いのマナー

新しい命の誕生というのは、とっても明るいニュースですよね。
親戚や多くのお友達から出産祝いをいただくことでしょう。
何かを頂いたら、お返しをするのが日本の文化でもあります。
出産祝いも同じように、頂いた3割~5割弱をお返しするという習慣がありますよね
でも、元々は「内祝」は、お祝い事があった家庭からの幸せや喜びの振る舞いでした。
お返しという習慣ではなかったそうです。


かつては出産祝いを頂かなかった方にも内祝いを配ることもあったようです。
でも、現代の内祝いは「お返し」の意味合いといっていいかもしれませんね


【内祝いをお送りする時期や包装のマナー】



・内祝いの時期は、出産祝いを頂いてから1カ月くらいがいいでしょう。

・包装には赤ちゃんの名前の紹介も兼ねてのしをつけます。

・水引き
出産祝いは何度繰り返してもよいお祝い事です
紅白の「蝶結びの水引き」がついたのしを使いましょう。
(何度も解いて結び直すことができるという意味がります)


・のしに入れる名前
のしの下部には赤ちゃんの名前を入れます。ふりがなもつけましょうね。


・のしのかけかた
包装紙で包んでから、のし紙を上にかける「外のし」が主流。


・添え状
小さなカードなどに、お祝いの感謝の気持ちや、育児の様子などを一言、
近い親戚には写真を同封もいいですね。


内祝いの内容は家族構成や趣味を思い浮かべながら、選んでみましょう。
定番では名入れをしたカステラがあります。
地元特産のもの、人気店のお取り寄せスウィーツ、ギフトカタログは最近のトレンド。


内祝いでひとつ注意することがあります。
目上の方に靴下や肌着などを贈るのは失礼になりますから気をつけましょう。


◆出産内祝探しは、産前にしておきましょう

出産の内祝いは、産前に準備しておくのが賢いパパママですよ。
とはいえ、だれからいくら頂けるのか検討がつかないという声も聞こえてきそうですけど。
ところが実は、思ったよりたくさん頂けることが多いです。


出産、育児に関する雑誌での調査では、
出産お祝い金の総額平均は37.4万円となっていましたよ。
現金だけでこんなにたくさんですから、品物もいれたら50万円近くいきそうですよね。
こんなに一気に、お祝いを頂くことは滅多にありませんよね。


逆にいえば、たくさんの方に内祝いを贈ることになるともいえます。
これも同様、こんなにたくさんのお祝いを用意することだってなかなかないでしょう。
出産したら大忙しです。


本当に、産後は想像を絶する大変さ。

出産の疲れが残っているし、赤ちゃんの世話は24時間365日休みなしですし。
産後はしばらく外出もできないです。


ですから、内祝いの下見はぜひとも産前にやっていきましょうね
内祝いは頂いた金額の半分弱くらいです。
でも親戚から3万円頂いたからといって1.5万円も内祝を贈る必要はないと思いますよ
目上の方から頂いたお金はありがたく大切に使って、5~8千円くらいで十分でしょう
他、現金では1万円、物では5000円位のものを頂戴することが多いでしょう。


1000円くらい、3000円代、5~6000円のものと3パターンくらい目星をつけておきましょう。
そうすれば、出産後にパパに買い出しを頼むこともできますよ。
準備は万全にしておけば、安心して出産に臨むことができますよね。


  

出産祝い トップへ戻る